事業一覧

これからのフラスコ

No.590 2020/10/02 ~ 2020/10/04

八寸の会

siota2020-10-2.jpg八寸の会
10月2日(金)~10月4日(日)
11:00~19:00(最終日17:00)

八寸帯の魅力は
肩の力の抜けた
さりげなさ

ページトップ

愛着の持てる八寸帯に出会い
日々の着物をより愉しんでいただけますよう
表情豊かな各地の八寸帯を取り揃えました。

地方に根付いた織の文化や歴史など
着物にまつわる話にも花を咲かせて...

八寸帯 お仕立て上がり 88,000円~


名古屋帯はもっとも汎用性の高いポピュラーな
帯ですがそこには八寸と九寸という、たった
一寸の幅の違いによってまったく趣を異にする
2つの帯があります。

芯の入らない軽さ、織りっぱなしの素朴な耳の表情
すくいの可憐な図柄、こぎんや献上の小粋な模様。

八寸帯の魅力は、肩の力の抜けたさりげなさ。

立派なケーキではなく、お母さんが作るおやつのように。
声高ではなく、耳もとでそっと囁かれる優しい詩のように。
各地の織元さんで丁寧に作られた帯を手に、
八寸が与えてくれる親密感と愉しさを、みなさんと
分かち合えたら幸いです。


山崎陽子

1959年、福岡生まれ。(株)マガジンハウスでファッション誌の編集部に勤務ののち、
フリーランスの編集者に。きもの好きが嵩じて、著書「きものが着たくなったら」
(技術評論社)を上梓。着始めて7年目ながら、年間180日以上をきもので過ごす。

https://www.instagram.com/yhyamasaki/?hl=ja


■主催
着物乃塩田

http://shiota-shouten.co.jp/

山梨の南アルプス連山のふもとにて
創業は昭和二十二年。 
七〇年という時間の重みを胸に刻み
折に触れて感じる人の美しさや、世
のあたたかさ。
日本人が色に乗せてきた想いを着物
を通してお伝えしてまいります。

« リストにもどる